日焼けで肌が元に戻らない|抗酸化成分アスタキサンチン配合

日焼けで肌が元に戻らない|抗酸化成分アスタキサンチン配合

知らないと怖い紫外線による光老化

 

調子に乗って焼いてしまった肌がなかなか元に戻らずお肌がカサカサに・・・
紫外線はお肌にとって最大の敵!
無防備に海や山で遊んでしまうと大変なことになるわ

 

日常生活の中でも買い物や洗濯物を干す時間でさえ日光を浴びてる私たち・・・
中でも紫外線A波はお天気の悪い曇りや雨の日でも降り注いでいるの
家の中にいても窓から入る紫外線A波は波長が長いので
皮膚の奥まで届いてしまいシミはもちろんシワやたるみの原因になるのよ

 

紫外線が一番強くなるのは5月から8月だけど
A波に関しては冬でも夏の半分程度にしか減らないから
冬でも紫外線対策はぬかりなくすることが必要ね

 

紫外線は大量の活性酸素を発生させて体に良くないのはもちろん
肌をも老化させるるのよ

 

⇒乾燥した肌を修復する方法って

光老化を加速させる紫外線の種類

私たちの肌に特に影響があると言われる紫外線にはUVAとUVBがあるの
主な作用は以下の通りよ

UVA(紫外線A波) UVB(紫外線B波)

・UVB作用増強
・サンタン(即時型黒化)
・光老化
・光アレルギー反応

 

※5月が線量のピーク

・サンバーン
・サンタン(遅延型黒化)
・光老化
・光発ガン
・ビタミンD合成
※7~8月線量のがピーク

※サンバーン−日光によるヤケド
※サンタン−太陽光線を浴びた後に皮膚がタンニング(黒くなる)こと

 

抗酸化成分アスタキサンチン配合

夏になると真っ黒に日焼けした肌が健康的に見えた
一昔前と違い今は紫外線が皮膚に与える悪い影響が
わかってきたわよね

 

特にUVBは私たちの体の遺伝子レベルの細胞を
傷つけるので回復しないままに長時間紫外線を
浴び続けると日光角化症や皮膚がんになったりするわ

 

※日光角化症−日光(紫外線)を長い間
 浴び続けることで発症する皮膚疾患
 主に60才を過ぎて発症することから「老人性角化腫」とも言われる皮膚病

 

UVAも皮膚の奥深くまで届くので肌の弾力やハリの土台となる
真皮のコラーゲン繊維やエラスチン繊維を傷つけて治りにくい「深いしわ」になるの

 

これが光老化を加速させる紫外線の恐ろしいワケよ

光老化(フォトエイジング)が与える肌への影響

紫外線が肌に与える影響は説明した通りよ
とにかく紫外線をカットする生活を送ることが大切なんだけど
私たちの肌に与える影響をもう少し詳しく説明するわね

 

抗酸化成分アスタキサンチン配合表皮ではどんなことが起こっているのか
 紫外線や紫外線によって生じた活性酸素がケラチノサイト(角化細胞)や
メラノサイト(色素細胞)を傷つけるわ
ケラチノサイトが傷つけられるとターンオーバーが正常に行われなくなって
角質が厚く水分を保持できないキメの粗い肌になるの

 

また免疫力に関係するランゲルナンス細胞の数にも影響していて
免疫力が低下し敏感肌の原因にもなっているわ

 

抗酸化成分アスタキサンチン配合真皮ではどんなことが起こっているのか
 皮膚の奥、若さ(張りや弾力)を保つエラスチン繊維が変性されて
かたまり状になって蓄積するわ
さらに紫外線で発生する活性酸素が影響してコラーゲン繊維を切断し
構造が変化することで皮膚の老化が促進されにっくきシワになるの

 

紫外線が肌に与える影響は多大なのよ

抗酸化成分で老化を食い止める!

紫外線による光老化は通常よりも早く
シワやシミを作ってしまうのはわかったわよね?

 

体を酸化させる紫外線をできるだけ避けていくことが大切よ
日焼け止めを塗ったり日傘や帽子でカバーするのももはや当たり前!

 

さらに家でできるスキンケアにも抗酸化成分を取り入れると尚いいわ
いわゆるアンチエイジング成分てヤツよ!

 

抗酸化成分アスタキサンチン配合アンチエイジングにおすすめの成分は
・コラーゲン
・エラスチン
・ヒアルロン酸
・レチノール
・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)
・ビタミンE
・コエンザイムQ10(ユビキノン)
・アルファリポ酸
・白金ナノコロイド
・フラーレン
・アスタキサンチン

 

などが有名どころね
これらのエイジングケア成分が配合されたスキンケア商品を使うことで
少しでも紫外線や加齢による老化を食い止めることができるわ

 

⇒アスタキサンチン&ビタミンE配合クレンジング

 

毎日のお手入れを続けることで3年後の差がクッキリ!
同窓会でもども立ちより若く見られるわよ♪


 
TOP おでこのブツブツ 洗顔後のつっぱり 人気の記事 Q&A